特集
カテゴリー
タグ
メディア

1日を25時間分使う、4つの小さな工夫

仕事術を紹介しているブログ「BrettKelly.org」では、1日を「25時間」化する方法として、以下の4点を挙げています。

その1: 昼食タイムを活用する

昼食タイムは貴重な時間。ランチを食べ終わったら、オンラインゲームで時間をつぶすよりは、仕事に関係するブログやニュースに目を通す方が効率的。

その2: テレビを消す

自由な時間がないならば、テレビを観るのを止めよう。「「生活に幸せを感じている人は、テレビをあんまり見ない」という研究結果」などという話もありました。

その3: 睡眠時間を1時間短縮する

睡眠時間を短縮すればその分、活用できる時間は増える。普段より1時間早く起きる、もしくは1時間遅く寝ていつもどおりの時間に起きるなど、工夫の余地あり。ココロ社さんの過去記事「睡眠時間を圧縮する方法」なども参考にできそうです。

その4: 通勤時間を活用する

通勤時間を有効活用するのもオススメ。仕事のスケジュールを見直したり、独りブレーンストーミングをして思いついたことを「Evernote」にメモしておくなど、狭い空間でもできる仕事を見つけて取り組むとよい。またPodcastや「VerbaLearn」といった語学学習サイトを使って、スキルアップを図るのも、活用方法の1つです。

すき間の時間をうまく見つけて、活用するという基本的なことをきちんと実践することがポイントのようですね。「時は金なり」とも言いますから、一瞬一瞬を大切に過ごしていきましょう。

How to Make Today a 25-Hour Day [BrettKelly.org]

Lisa Hoover(原文/松岡由希子)

swiper-button-prev
swiper-button-next