特集
カテゴリー
タグ
メディア

USBメモリ起動対応『ChromiumOS Zero』はさくっと起動、自動更新

Googleが開発中のウェブベースネットブックシステムのオープンソースビルドChromium OSのサムドライブ対応版が完成しました。

Hexxehという名のハッカー作。彼の最新ビルド『ChromiumOS Zero』はChromeアドオンサポート、スピード起動、その他が追加された秀作。彼自身によるアップデートの正式なリストはこちら

ブロードコムベースのWi-Fiによるスピードロスや、OSの核となるChromiumブラウザが改善されています。しかも、ビルド自体は1GBのUSBドライブに入るというコンパクトさ。このリリース以降の更新は自動的にアップデートされるというおまけつき。

HexxehのサイトからBitTorrent、もしくは「Mirror」からでダウンロード出来ます。『ChromiumOS Zero』を試してみたいけど...と尻込みしていた方もUSBからなら気楽に試してみることができそうです。

サムドライブからHexxehベースビルドを起動させる方法は過去記事「Google Chrome OSをUSBメモリから起動する方法」をご覧下さい。

『ChromiumOS Zero』はMac以外のシステムで(通常)起動可能なフリーダウンロードです。

Chromium OS Builds by Hexxeh [via Download Squad]

Kevin Purdy (原文/まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next