特集
カテゴリー
タグ
メディア

Dropboxアカウント経由でWindowsPCをリモート操作できる『Akira』

Windows:Dropboxはファイルの同期以外にもあれこれ実現可能にしてくれる大人気フリークロスプラットフォームユティリティ。

その「Dropbox」と併せて、フリーコマンドラインツール『Akira』を使えば、Dropboxアカウントでリンクされているパソコン上にあるDropboxファイルではないファイルを取得したり、管理したり出来るように!

Akira』はどちらかというとギークツールの部類に分類されるツールで、これを使うには2台のWindowsパソコンが必須となります。1台はサーバプロセス(Latte)を実行し、もう1台はコマンドラインクライアント(Akira)を経由してコマンドラインを発信します。

これだけならそれほど目新しくもないのですが、『Akira』はDropboxフォルダ内のシングル、スタンドアロンフォルダ内を経由して接続設定を行い、インストール不要。しかもAkiraのテキストコマンドを使ってかなり面白いことが出来ちゃいます。

リモートコンピュータにあるファイルをリスト表示、ナビゲート、取得、スクリーンショットを撮影し、Dropboxフォルダへ保存、リモートプロセスの開始/停止やアプリケーションの実行、デフォルトブラウザからウェブサイトを起動なんてことも可能

『Akira』のReadmeを読むと、Latte/Akiraコンボの設定方法が何通りか紹介されていて、Dropboxフォルダ共有経由で他の人のパソコンへアクセスする方法、DropboxPortableアプリを使ってリモート操作されているパソコンへジャンプする方法なども可能ですのでぜひ試してみて下さい!

同じDropboxアカウントでリンクされているWindows 7システム間でAkira/Latteのリモート操作をテストしてみたところ、ファイル変更が検出され同期されるのに時間が必要なのでラグは確実にありますが、期待通りの働きをちゃんと実行してくれます。自動起動され、常時オンにしておく管理者レベルプロセスとしてLatteを設定したい場合、Dropboxアカウントのパスワードを簡単に破れないものに変更することをお忘れなく。

Hamachiを使ったプライベートネットワークVNCを使ったリモート操作などの設定まではちょっとさすがに面倒くさい、と思っていた方も『Akira』の設定なら試してみる気になるかも知れませんね。『Akira』はインストール不要のフリーアプリ。Dropboxアカウントが設定されたWindowsシステムが必須です。

Akira』を使ってみた方はぜひ感想をコメントで教えて下さい!

Akira [macobex via gHacks]

Kevin Purdy (原文/まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next