特集
カテゴリー
タグ
メディア

Twitterやニュースサイトをメールでチェックできちゃう「Flexamail」

Webブラウザを立ち上げずにメールでSNSのアップデートやサイトチェックをしたい人におすすめなのが、Flexamailです。これなら、ファイアウォールもウザくありません。ネットサーフィンだけでなく、日本語版サービスも始まっている米SNS「Facebook」やTwitterの閲覧や書き込みなども出来てしまいます。手順は簡単、無料なのも嬉しい限り。アカウントを登録し、セッティングを済ませたら準備OK。決められたアドレスに送信するだけです。

例えば画像にある「facebook@flexamail.com」に空メールを送ると、「Wall(ウォール)」の内容などを取り込んだメールが返ってきます。「twitter@flexamail.com」に空メすると、最新のツイートが20件返信されてくるというあんばい。

CNNサイトが見たければタイトル欄にURLを入れ、「www@flexamail.com」にメールすればよろし。以下のビデオチュートリアルをご覧いただければ、お分かりになるかと思います:

投稿したツイートが文字化けしよる、と書かれてあったブログにFlexamailのMichaelさんが寄せたコメントによると、Twitterは日本語(や他の言語)でもOKになったもよう。ビデオガイドや詳しい使い方はネタもとでご確認くださいませ。

Flexamail [via Devil's Workshop]

Jason Fitzpatrick(原文/訳:kiki)

swiper-button-prev
swiper-button-next