特集
カテゴリー
タグ
メディア

落としたデジカメが返ってくるように良心に訴えかけるナイスアイデア

大事な写真のデータが入ったデジカメを落としたりしたら、デジカメの損害以上に精神的なダメージも大きいですよね。そんな非常事態に備えて、デジカメを拾った人が持ち主に返したくなるように、また確実に返せるように、前もってデジカメにメッセージを仕込んでおきましょう

ブロガーのAndrew McDonaldは、デジカメのメモリーカードから絶対に消さない写真が25枚あります。間違って消さないように、普通の写真のフォルダと恐らく分けて入れてあるのでしょう。その絶対に消さない写真とは、デジカメを拾った人に対するAndrewのメッセージ写真なのです。

メッセージ写真とは、Andrew自身がホワイトボードを胸に持ち、そこにメッセージが書いてある写真です。メッセージの内容は、そのデジカメが彼にとってどんなに大切なものなのか、冗談も交えてストーリー仕立てで綴ってあります。また、カメラを返してもらう時のために、連絡用のメールアドレスなど重要な情報ももちろんあります。

Andrewのブログに載っている25枚すべての写真を見ていると、Andrewのユニークな人間性が伝わってきて、彼にデジカメを返してあげたいなと思わせる何かがあります。人間は情が移るとそこまで悪いことはできないものですから、良心に訴えかけるこの方法はかなり有効だと思いますよ。

デジカメのデータに写真を撮るのが面倒だという人は、拾い主に宛てたメッセージのテキストファイルを入れておくやり方もあります。

何かとイベント事の多い年末年始、大事な写真とデジカメを無くす前に、メッセージ写真を仕込んでみてはいかがでしょう?

A Pictorial Guide to avoiding Camera Loss [Andrew McDonald via Daily GIF Blog]

Kevin Purdy(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next