特集
カテゴリー
タグ
メディア

フリーランス&独立希望者に贈る、シンプル受注管理術

この記事では以下のような表を使って、取引先や仕事内容を整理することを勧めています。表ソフトであれば、「Google Docs」でもExcelでもOK。

091211freelance_spreadsheet2.jpg

情報の項目としては、以下のものを整理することが望ましいとのこと。

  • 会社名
  • 仕事の内容(ライティング、翻訳、PRレターの作成など)
  • 担当者名とその連絡先
  • 問合せ日(公募への応募の場合は、応募日を記入)
  • 最終コンタクト日
  • ステータス(受注・NG・保留など)

ちなみに、この手の表はいったん作ったら最後、更新されることなく放置されがちですが、特に、最終コンタクト日の更新やステータスの変更など、この一覧表を都度アップデートすることが大切。この表を使って、最新の仕事状況を一括管理するイメージです。

このほか、ライフハッカーアーカイブ記事「仕事を辞めて独立するための7つのチェックリスト」や「フリーランス族に贈る、不安定な収入でお金のやりくりをする方法」なども参考に、自分を自分でうまくマネジメントし、よりよい仕事につなげてくださいね。

How to Track Freelance Job Leads Via Spreadsheet [Web Worker Daily]

Kevin Purdy(原文/松岡由希子)

swiper-button-prev
swiper-button-next