特集
カテゴリー
タグ
メディア

布製ティーバッグを手作りしよう

米過去記事コーヒーポッドを自作する方法をご紹介しました。珈琲とくれば、次は紅茶ですね。紅茶派の読者の皆さん、布で作るティーバッグはいかがでしょう。

手軽に美味しく味わえるうえ、便利な使い道があるティーバッグですが、使い捨てはもったいない。というわけで何度でも使えるエコ仕様ですよ、手作りエコ。ルピシアのティーサロンでも布製ティーフィルターが使われているそうです。

ネタもと作り方を見ると、4インチx 3インチ(約10cm×約7.5cm)サイズの綿モスリン(平織りした薄手の綿織物)と約30cmの綿紐があればOK。巾着袋と要領は同じみたいですね。ちょうど1人前サイズなので、1度作ってしまえば持ち歩けてとっても便利。マイカップ、マイ水筒ならぬマイ・ティーバッグで職場や旅先など、お好きな場所でほっと一息つくことができます。

ブログサイト「Craft Leftovers」が提唱するおいしい紅茶の淹れ方は摂氏80度位のお湯170mlに1袋(茶葉小さじ1杯)が目安。湯をカップに注ぎ、ティーバッグをそっと入れたら待つこと3分間。ティーバックを軽く振って取り出したら召し上がれ。カップで淹れる場合は、ソーサーを裏返してカップに被せるなどフタをして蒸らす、ティーバックを乱暴に振ったり搾り出すのはNG、この2点をお忘れなきよう。

淹れ終わった茶葉を捨て、そのまま袋を乾燥させれば次にまた使えます。汚れや残り香が気になる場合は、温水で洗い流すひと手間を加えてください。ティータイムには、カップに好みのフリスクを2~3粒入れるだけのフリスクティーアレンジティー3種もぜひお試しを。ひと味違う紅茶を楽しめますよ。

Pinch of Tea! [Craft Leftovers]

Lisa Hoover(原文/訳:kiki)

swiper-button-prev
swiper-button-next