特集
カテゴリー
タグ
メディア

消してしまったデジカメの写真を救出してくれる「Exif Untrasher」

悪夢のような失敗ですが、こればっかりは誰でも一度や二度は経験あることではないでしょうか。そんな窮地から救ってくれるのが「Exif Untrasher」です。

Exif Untrasherは、デジカメの消してしまったデータを救済してくれるアプリです。まず、写真を消してしまったメモリーカードを、Exif Untrasherを使って普通のメモリーカードと同じようにMacにマウントさせます。救出した写真を入れたいフォルダを選ぶか、デフォルトでよければそのまま「Start data recovery」をクリックします。

この方法で、消してしまった写真を100%取り戻すことができるとは限りません。ですが、救済できる可能性は十分あるのですから、試してみない手はないと思います。

試しに、デジカメのデータをちゃんとバックアップを取った後でフォーマットし、再度Macにマウントして、Exif Untrasherを使ってみました。数分以内に、動画データ(MOVデータ)以外のほぼすべてのデータを救済することができました。

Exif Untrasherの今のところの仕様は、JPEGデータのみ救済できるようですので、JPEG以外のフォーマットでデータを保存するデジカメの場合は注意してください。

Exif Untrasherは無料ダウンロードすることができます。Exif Untrasherバージョン1.4.3は、Mac OS X 10.3以上に対応しています。それより下のバージョンのMac OS X を使っている場合は、Exif Untrasherバージョン1.3.6をご利用ください。

他にも、米ライフハッカーでは消してしまったデータやファイルを救済するフリーソフトを紹介したページもありますので、WindowsやLinuxユーザーの方はこちらをどうぞ。もちろん、Mac対応のソフトもあります。

Exif Untrasher

Lisa Hoover(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next