特集
カテゴリー
タグ
メディア

Google Chromeで、特定のサイトを常にタブとして表示させる簡単な方法

Chromeのタブ固定機能が気に入っていて、タブが閉じないように永久固定出来たらよいな、と思ったことありませんか?

「--pinned-tab-count」コマンドスイッチと、固定しているお気に入りウェブサイトのリストを合体させて、それを実現する方法があるのです。今日はWindowsユーザ向けにそのやり方をご紹介しちゃいます。

過去に米ライフハッカーで採り上げたことがある内容ですが、今回の記事ではもう少し詳しい説明を加えていきますので、ちょっと長いですが、最後までお付き合いくださいませ。作業内容自体はとても簡単なので、さくっと読んでぜひ試してみて下さい。Firefoxユーザの方はこちらで紹介しているアドオンををどうぞ。簡単にできますよ。

はじめに

通常であればChromeの「タブコンテクストメニュー」から「タブを固定」を押して、固定タブを作成し、ブラウザを起動させる度に同じ作業を繰り返す必要があります。たまにやるのならよいのですが、毎回やるとなるとかなり面倒なもの。

091215_02pinnedtabs01.jpg

永久タブの設定

まずGoogle Chromeのショートカットを右クリックし、プロパティを選択。

091215_03pinnedtabs02.jpg
※クリックで拡大

プロパティウィンドウが表示されるので、ショートカットタブへ移動し、ターゲット欄(日本語版Chromeでは「リンク先」)へカーソルを入れます。

091215_04pinnedtabs03.jpg

今回の作業は大きく分けて2段階あります:

リンク先のアドレスエリアに下記のコマンドを追加します。この際に最後の引用符と永久固定タブ数コマンドの間に半角スペースを必ず入れて下さい。下記の「x」の部分に永久固定したいタブの数を入力します。タブ数が5の場合は下の行のように

--pinned-tab-count=5
(.exe"と--pinnedの間に半角スペースが入ります)。

なので固定タブ数が5の場合、下記のように「リンク先」欄に入っている、ということになります。:

091215_06pinnedtabs05.jpg

ここまでで前半の作業は終了。

続いて、「pinned tab count command」の後に永久固定タブとして使いたいウェブサイトのURLを入力します。繰り返しますが、chrome.exe"と--pinnedの間の半角スペースをお忘れなく!

091215_07pinnedtabs06.jpg

それが終わったら「適用>OK」をクリックします。

完成

Chromeを起動させると、このように永久固定されたタブが表示されるはずです。

091215_08pinnedtabs07.jpg

タブコンテクストメニューへアクセスし、「タブを固定」をクリックし、選択を解除すると永久タブを通常のタブに一時的に変更することも可能。変更すると、普段は開いているけど今は必要ない、という場合に閉じておくことも可能になります。

毎回毎回タブ固定をするのが面倒だ、と思っている方はぜひ使ってみて下さい。かなり重宝しますよ!使ってみた方は感想をコメントで教えて下さい。

Make Google Chrome Open with Pinned Tabs [How-To Geek]

How-To Geek (原文/まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next