特集
カテゴリー
タグ
メディア

『Replace Librarie Icons』でWindows 7のライブラリアイコンをカスタマイズ

Windows 7の新しいライブラリは複数のフォルダ間でのファイル管理を簡単にしてくれる、その実力の割に、あまり取り沙汰されていないWindows 7の機能

ただ一つ問題なのは、全ライブラリ内のアイコンが同じなんのひねりもないアイコンだと言うこと。つまり、複数のカスタムライブラリを作成して、ファイルをそこへ格納している場合、全てのアイコンが全く同じものであることに気付くかと思います。特に、何の主張もしてこない一般フォルダの場合、なかなか判別が付きづらくなってしまうかと。

その問題を解決してくれるのが『Replace Librarie icons』という小さなアプリ。これを使うと、ライブラリごとに違う任意のアイコンを設定することが出来るようになりますよ。インストールも不要のこのアプリを開き、アイコンを変えたいライブラリを選択し、.DLLファイル、または.ICOファイルからアイコンを選べば、変更はすぐに反映されます。またこのアプリを使えば、前使っていたアイコンに戻すことも出来るので、アイコンを色々と変えてみた結果、元のアイコンが良い、という場合にはすぐに戻すことも。

091117icons02.jpg
※クリックで拡大

ユティリティが実際に行うのは、それぞれのライブラリを表すXMLファイルを編集するためのシンプルなインターフェースを提供してくれるだけなので、マニュアル操作でアイコンを変更したい、実際にどうなっているのかが知りたい、という方は、Notepad(またその他のテキストエディタ)を使ってライブラリアイコンを編集する方法をご覧下さい。

Replace Librarie Icons [deviantART via How-To Geek]

swiper-button-prev
swiper-button-next