特集
カテゴリー
タグ
メディア

接着修理をするときは砂で固定しよう

ボーンチャイナなどの陶磁器や食器が欠けてしまったり、取っ手が取れてしまったとき、接着剤だけでなく砂状のものも一緒に用意しましょう。今までよりも上手くご自分で直せるかもしれません。

直接手で持たずに、砂を入れた容器内で作業を行えばぐらつかずにスムーズにできるとのこと。米国の「カリスマ主婦」、マーサ・スチュワートさんのウェブサイトによると...

破損箇所が上になるよう砂の中にうずめてから、修理作業を始めましょう。

いちいち砂を用意しなくても、砂糖やキャットリター(猫砂)などで代用すればOK。何かが壊れたときに備えて、頭の片隅に入れておくといいですよ。

Steady Repair [Martha Stewart Living]

Sarah Rae Trover(原文/訳:kiki)

swiper-button-prev
swiper-button-next