特集
カテゴリー
タグ
メディア

まとめ:文章を磨きあげるテクニックとチェックのハック12選

  • カテゴリー:
  • NEWS

たとえどんな秀逸なアイディアが自分の中にあったとしても、それを的確に伝える文章力がないと実現は難しいーーそんなふうに考えたことはありませんか?

昨日行われたライフハッカーのイベント後の雑談で、出演して頂いたパネリストの御一人である杉山竜太郎(株式会社LoiLo/ 取締役)さんは、お子さんの教育について"フリーな方針だよ(笑)"と前置きしつつも、「書くこと」だけはきっちり教えてあげたいと仰っていました。考えてみれば、別に小説家を志すわけでなくとも、メールやら企画書やら、ビジネスにおいて「書く」局面は、今も昔も満載。その傾向はむしろ拍車がかかりそうですから、もっとも有効な"子育てハック"といえるかもしれません。

文章には好みもありますし、文体は人それぞれのパーソナリティーなだけに、よくある文章講座的なものには疑問符をつけたくなります。特に日本語は、その是非はともかく、けっして断定せず、結論を先送りするような曖昧さこそが、文脈に深みをもたらしたり、コミュニケーションを円滑にするというカルチャーがあり、これがより事態を困難にしているような...(ここはあえて婉曲的に)。

ともあれ、文章をブラッシュアップする方法論はいくつかあります。この中に何か役にたつ方法論があったら幸いです!

まとめは以下へ。

ライターからおそわるテクニック

プロから教わる、良い文章を紡ぐ5つの珠玉のテクニック

Wikipediaに学ぶ、正確な文章の書き方のコツ

プロアマ問わずライターさん必読、スランプから脱出する5つのコツ

お願いのメールをサラッと書ける言い回し

推敲(すいこう)・そして校正

一見奇妙に思えることには「なぜ?」を5回繰り返してみよう

効率的に校正するための10のコツ

日本語文章の校正ができるサイト

"道具"にこだわる

物書きスト養成Webツール『Write or Die』

『Typewriter』で「書く」ことにもっと神経を注ぐのである

Google Docsで文章を書きたい場合に使える集中モード:アドオン不要

昔のMac風!? 懐かしく、書きやすい超シンプル・テキストエディタ「SimpleText.ws」

きれいな字できれいな日本語を書きたい

毎週一文字ずつレクチャーしてくれるサイト

いかがでしたか? 個人的に試してみたいと思うのは、一度書いたら直せないというTypewriterです。すぐに効果はでないかもしれませんが、長期的なブラッシュアップとして必ず地力がつきそう。そしておまけです!

(尾田和実)

swiper-button-prev
swiper-button-next