特集
カテゴリー
タグ
メディア

ベーコンをジューシーに焼き上げるワッフルアイロンの威力

ライフハッカー過去記事「エスプレッソマシーンでふわっふわなスクランブルエッグを作る方法」や「コーヒーメーカーで鶏を調理する方法」など、調理器具を多彩に活用する方法をご紹介してきましたが、こちらでは、ワッフル専用焼き機「ワッフルアイロン」をベイクドベーコンに活用する方法を採りあげてみましょう。

通常、ベーコンをフライパンで焼くと、油が飛び散って、ときに危険...。レンジ周りがギトギトになるのも厄介ですね。また、せっかくの脂肪や肉が縮んでしまい、ジューシーさが失われてしまうのも欠点です。そこで、米フード系ブログメディア「Serious Eats」では、ワッフルアイロンを使ってベーコンをジューシーに焼く方法を紹介しています。

方法は至ってシンプル。ベーコンを半分に切り、ワッフルアイロンの上に一枚づつ乗せたら、挟んで2分30秒間加熱しましょう。これで出来上がりです!

詳しくは冒頭の動画(3:25~4:17のあたり)もあわせてご覧ください。

ワッフルアイロンは日本ではまだあまり馴染みがないかもしれませんが、ベルギーワッフルにはもちろんのこと、昨年あたりから流行りのモチ仕様のワッフル「モッフル」の調理などに、使われはじめているようです。ちなみに、モッフルのレシピはこちらのウェブサイトなども参考まで。

Good Eats - S13E8P2 - Another Man Food Show - Breakfast [YouTube via Serious Eats]

Kevin Purdy(原文/松岡由希子)

swiper-button-prev
swiper-button-next