特集
カテゴリー
タグ
メディア

意外に忘れがちだが、ウィルス対策にも大事な5つの掃除ポイント

Photo by DanBrady.

夏以降、全国的に広がっている新型インフルエンザに加えて、風邪や季節性インフルエンザも流行の兆しが...。うがい手洗いを習慣付けることはもちろんのこと、部屋もできるだけ清潔にし、ウイルスの温床となる場所を作らないことが肝要です。

テーブルの上や床など、目につきやすいところは掃除も行き届きますが、以下のポイントは意外に見過ごしがち。意識して清潔に保ちましょう。

1. 石けんボトル

手洗いの度に何度となくプッシュする石けんボトル。洗う前の汚れた手で触れることで、ボトルに雑菌がついてしまうこともある。定期的にプッシュボトルも洗おう。

2. 車の中

マイカー通勤の人のみならず、休日に自動車を利用する人も、クッション部といった目につきやすいところだけでなく、ドアの取っ手やウィンドウボタン・ロックなど、小さなポイントにも目を配り、きれいに拭いておくこと。

3. オーディオ製品

リモコンのボタン、PCのキーボード、携帯電話のスクロールボタンなど、小さなところも雑菌の温床になりうる。布製のスポンジや綿棒を使ってキレイにしよう。

4. 家具

ドアの取っ手・ノブ、キッチンや浴室の棚は、家族みんなが頻繁に触れるもの。また、特に注意して拭き掃除をしよう。

5. 家電

普段あまり意識していないかもしれないが、冷蔵庫・電子レンジ・洗濯機などの家電は定期的に使われるもの。操作ボタンなどを中心にキレイに拭いて、清潔を保とう。

いかがでしたか?

このほか、ウィルス対策にも効果的なお掃除術としては、ライフハッカー過去記事「『あなたの部屋からウイルスが...』を防ぐ掃除のポイント14」もあわせてご覧くださいね。

Sarah Rae Trover(原文/松岡由希子)

swiper-button-prev
swiper-button-next