特集
カテゴリー
タグ
メディア

Todo管理にはデジタル付箋がイイかも!

気がつけば、日々増殖していくTodoリスト。皆さんはどうやって管理してます?

いろんな手段がありますが、なかでも付箋で管理している方が結構多いんじゃないでしょうか。なんといっても好きなように書けるし、好きな場所に貼って優先順位や種類別に分類することできるしと、使い勝手のよさが人気の秘密だと思います。

そんな使い勝手のいい付箋ですが、数が増えてくると付箋をなくしてしまったり、ノートやスケジュール表に貼る場所がなくなったりと、物理的な制限のあるアナログならではの問題が発生してきます。

そんな時、オンライン付箋ソフト「lino」ならアナログな付箋の使い勝手のよさを残しつつ、デジタルのメリット(物理的な制限がない、検索性に優れる、リマインダー機能がある、iCalやgoogleカレンダーとの同期ができるなど)を享受することができます。

lino」なら、アナログの付箋のように好きな場所に貼って優先順位ごとに並び替えができると同時に、付箋ごとに締め切りを設定すればメールで教えてくれたりカレンダーに予定として入れることが簡単にできるようになります。また、オンラインソフトなので、ネット環境さえあればどこでも付箋のtodoリストを見ることができるので、付箋を持ち歩く必要がありませんし、なくしてしまう危険性もありません

091102dosa1.jpg

また、Macなら『dino』というクライアントソフトがあるので、ぜひSpacesで「dino」を1画面に割り当てて使ってみてください。ブラウザ経由で見るのと違って画面いっぱいがボードとなるので、他のアプリやよけいなメニュー表示ありませんので気をそらすことなく、付箋の内容に集中することができますよ。

lino

(ドサ健)

swiper-button-prev
swiper-button-next