特集
カテゴリー
タグ
メディア

職場のイジメにうまく対処する方法

この問題は日本だけでなく、米国の職場でも深刻なものだそう。米労働者の4割がイジメの被害に遭っているという報告もありますし、先週発表されたこちらのレポートでは、米職場での女性から女性へのイジメが50%を超えたことが初めて公式に明らかにされました。

日経アソシエオンラインのこちらの記事によると、日本でも、女性の職場進出が進むにつれ、女性同士のいじめ問題は企業を悩ませ始めているようです。

米誌「ハーバードビジネス」では、組織リーダーが職場のイジメにうまく対処するコツとして、以下の3点を挙げています。

その1: イジメを断ち切る

神経科学の最近の研究結果によると、行動が繰り返されることで、次第に無意識に習慣化されるとのこと。意識的にこれを断ち切ることが大事。組織リーダーは、メンバーが不安なく話せる場を設けて、イジメを断ち切らせるようにする必要がある。

その2: 新しいルールを一緒に作る

その組織における新たな期待成果を決めるプロセスを共有する際に、この問題についても自分たちの問題として認識させる。

その3: 首尾一貫した基準を維持する

組織リーダーは首尾一貫した姿勢で職場を維持する責任を負っている。一度イジメが治まったからといって、その問題が完全に解決したと思わないこと。

つい目をそらしがちになるものの、実は職場のアチコチに潜むイジメ。被害に遭っている人はもちろん、いじめている側も、そのような状況を抱える職場も、精神衛生上ハッピーでないのみならず、仕事の生産性にも悪影響を与えます。「実は、会社でイジメに悩んでいて...」という方は、こちらのページも合わせてご参考にどうぞ。

How to Stop Mean Girls in the Workplace [Harvard Business]

Sarah Rae Trover(原文/松岡由希子)

swiper-button-prev
swiper-button-next