特集
カテゴリー
タグ
メディア

「OnlineOCR」でスキャンした文書を編集可能なテキストデータに変換(日本語未対応)

インストラクターからもらったノートや、過去に書いて紙ベースでしか残ってないプレゼンや提案書など、ハードでしか存在しないものをソフトコピーに変換する作業なら、「OnlineOCR」にお任せを。

PDF/TIFF/JPGなどの形式の画像ファイルや、文書のZIPファイルをアップロードするとアカウントなしでも1MB/5ページまで変換可能無料アカウントを作成すると5ページ以上/20MBまでのサイズに対応。しかし、アカウントを作成する利点はサイズではなく、どちらかというとそのフォーマットの保存性。アカウントをコラムが分かれているPDFをコラム分けされたWord文書に変換、という技が使えるようになるので、レイアウトの面ではかなり助けられるはず。

無料版ではテキストデータに単純に変換するだけなので、それを他のアプリケーションに貼付ける作業を行えばとりあえずは完成。通常の場合だと無料版で十分すぎるくらいではないでしょうか?

もっと高度な変換作業(要アカウント)の場合、最初の5ページ分は無料ですが、その後は有料となっているそうです(米読者情報)。

残念ながらこのツール、日本語には対応しておりません。他にも便利なOCRツール、日本語対応のものをご存知の方はコメントで教えて下さい!

OnlineOCR [via MakeUseOf]

Jason Fitzpatrick(原文/まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next