特集
カテゴリー
タグ
メディア

GoogleWaveに追いつけ追い越せ!?Mozillaが統合コミュニケーションツールを開発へ

ライフハッカーでは先月末以来、Googleの新たなコミュニケーションプラットフォーム「Google Wave」について採りあげていますが、その有力な対抗馬が出現しました!MozillaがRaindrop」と呼ばれる新しいオープンソースプロジェクトを立ち上げ、統合的なコミュニケーションツールの開発に着手しはじめたのです。

冒頭の動画でも紹介されているとおり、「Raindrop」は、メール・Twitterなどのソーシャルネットワーク・RSSフィード・IMなど、複数のコミュニケーションサービスを一元管理するためのプラットフォーム。たとえば、Flickr経由でメッセージを受信すると、あわせて関連する画像を表示するなど、ワンストップで様々なコミュニケーションができる仕組みを考えているそう。

あらゆるコミュニケーションを一元化するというコンセプトはGoogle Waveと似ているかもしれませんが、Mozillaならではの特徴として"拡張性"も担保する方針。ユーザの好みに柔軟に対応できるよう、カスタマイズ性の高いサービスに仕上げたいとのことです。

Raindropはまだ開発初期段階で、一般公開はまだ少し先のようですが、ダウンロードサイトを通じて、テスト版から一般ユーザにも広く開放したいとのこと。Google Waveとの使い比べができる日もそう遠くないかもしれません。特にMozillaファンの方は今後の動向も要チェックです。

Raindrop [Mozilla Labs]

Whitson Gordon(原文/松岡由希子)

swiper-button-prev
swiper-button-next