特集
カテゴリー
タグ
メディア

Googleとソーシャルネットワークがいよいよつながる、新サービス「Google Social Search」

  • カテゴリー:
  • TOOL

ライフハッカー過去記事「Bingで、Twitterのリアルタイム検索できるようになりました」ではTwitterのつぶやきを検索できるBing機能「Bing TWITTER BETAについて第一報をお伝えしましたが、検索エンジンとソーシャルネットワークの融合は最近のトレンドのよう。Googleもソーシャルネットワークをベースに検索できる機能「Google Social Search」を開発したそうです。

Google Social Search」は、Twitter・Friendfeedなど、自分が属するソーシャルネットワーク(このサービスでは「Social Circle」と呼んでいます)を元に検索結果を表示する機能。Googleアカウントで登録している連絡先とGoogle Profileで公開している情報がベースになります。

具体的には、冒頭の動画でも紹介されているとおり、以下の3つの方法で広がる仕組みになっています。

その1: Google Profiles

Google Profilesに登録されているブログやソーシャルネットワークのリンク。このサービスを利用したいユーザは「Google Profiles」に自分が利用しているソーシャルネットワークを登録しておこう。

その2: Googleアカウントに登録している連絡先

Googleチャットのリストなど、Googleアカウントの連絡先に登録されており、かつGoogle Profilesに登録しているユーザ。

その3: Googleリーダー

Googleリーダーで購読している記事。

091027google_socialsearch.JPG
Google Social Search」は現在、US Englishのみの対応でテスト段階。Google Labsのページで「Google Social Search」横の「Join this experiment」をクリックすれば、このテストに参加することができます。右画像は検索ワード「Japan」で検索した場合の例。検索結果の表示オプションで「Social」を選ぶと、自分の「Social Circle」にある情報だけを表示してくれます。

ソーシャルネットワークと検索アクションが一元化できる点は画期的ですね。ご関心のある方はこちらのページからぜひジョインしてみてください。

Google Social Search [via Official Google Blog]

Adam Pash(原文/松岡由希子)

swiper-button-prev
swiper-button-next