特集
カテゴリー
タグ
メディア

情報収集に優れたARアプリ『Layar』のiPhoneバージョンが登場

  • カテゴリー:
  • TOOL

これまでAndroidでしか使えなかったLayar』のiPhoneバージョンが登場しました。機能もAndroidバージョンとほぼ同じです。日本ではARアプリはLayarよりも"セカイカメラ"の方が有名かもしれませんが、基本的には大体同じようなアプリです。

Layar』の場合は、WikipediaやFlickr、Twitterなどの中からレイヤーを選ぶと、現在位置の周辺でそのレイヤーに関する情報を見ることができます。単純に「コンビニ」などの言葉を入力して、周辺情報を検索することもできます。

情報はカメラの映像に平面のワイヤーフレームが重なり、それで奥行きを示しながら、情報のあるポイントを表示します。画面の右上には、その地点を中心に360度の情報ポイントを示した、レーダー図のようなものもあります。

記録しておきたいポイントや情報はお気に入り登録もできますし、スクリーンショットを撮ることもできます。旅行中や知らない場所に行った時は、情報収集手段としてかなり使えると思いますよ。情報収集という点では、某カメラよりも使いやすいのではないかと思います。

Layar』はiPhone OS 3.0以降のiPhoneに対応しています。無料ですので、あのカメラと使い比べてみてはいかがでしょうか。

Layar [iTunes Store (direct link)]

Kevin Purdy(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next