特集
カテゴリー
タグ
メディア

Windows 7でも使えるベストWindowsトリック

  • カテゴリー:
  • TOOL

Windows 7のファイナルバージョンがついに今週リリースされましたが、入手した後、疑問に思うのが、過去のWindowsで使えていた小技はWindows7でも通用するのか?ということではないかと思います。

まだWindows 7に切り替えていない方はWindows 7 RCへのアップグレードガイド一覧表を一読して見て下さい。

ファイナルバージョンにしてもほとんどの項目はそのままです。Windows 7に完全に乗り換えたいかどうかが今ひとつ分からない方はVista/XPとのデュアルブートをセットアップすると安心ですよ。

それでは、Windows 7でも今まで同じように使える、ベストトリックを以下にて。

ショートカットアイコンの矢印を消す

091023win7technic02.jpg

機能性には何の影響もないのですが、なんとなく気になるショートカットアイコンに表示される矢印。アイコンからこの矢印を消し去る方法はたくさんあり、XP時代のころは『Tweak UI』を使って消すことが出来ました。VistaではVista Shortcut Overlay Removerがありましたが、これはWindows 7でも使えます。ショートカットから矢印を消すにはこの方法が最もシンプルなのでは?

なぜこの設定はWindowsに組み込まれていないのかって?うーん、こっちが聞きたいくらいです。

ショートカットアイコンの矢印を消す方法(Windows 7/Vista) (英語)

右クリックメニューにデフラグを追加

091023win7technic03.jpg

ドライブのデフラグをサクッと行いたい場合、デフラグプロセスを開始するまでには長いクリックの旅が待ち受けているのですが、それぞれのドライブのデフラグをコンテキストメニューから出来るようにすることが可能です。ちょっとしたレジストリハックなのですが、ダウンロードできるので自分でレジストリもいじらなくて良いし、かなり楽。

ドライブのデフラグ作業を右クリックで開始(英語)

画面をロック、シャットダウン、再起動のショートカットを作成

091023win7technic04.jpg

終了ボタンはなぜかWindowsのバージョンごとに引っ越ししているのですが、PCのシャットダウンや再起動用のアイコンが欲しい、と思っている方もかなり多い様子です。以前のWindowsで使えた技はWindows 7でも変わらず使用可能。選択すればショートカットキーを割り当てることも出来ます。ただし、ショートカットキーがちゃんと機能するにはショートカットがスタートメニューまたはデスクトップにある必要があります。

終了、再起動、ロックアイコンを作成 (Windows 7/Vista) (英語)

Windowsへのログオンを自動化

091023win7technic05.jpg

家でPCを使う人が自分一人の場合など、再起動をかける度にログオンする必要性がない場合、パスワード入力を省く方法があります。netplwizユティリティを使い、"User must enter a user name and password"と書いてあるボックスからチェックを外し、パスワードを二回入力すると、自動的にログインすることが可能になります。

Windows 7/Vistaのログオンを自動化(英語)

Windowsの更新の際にPCが自動的に再起動されないようにする方法

091023win7technic06.jpg

Windowsの更新が行われて、自動的に再起動がかかり、その時に開いていた数々のアプリは綺麗さっぱり忘却の彼方へ、というシチュエーションを避けるためにWindows更新の際に勝手に再起動されるのを回避する方法があります。パソコンの前に座っている場合なら自動再起動を一時的に無効にすることもできますが、最初から再起動を無効化するレジストリハックがあります。

Windows更新の際の強制再起動を無効にする方法(英語)

タスクバーへ任意のフォルダを追加

091023win7technic07.jpg

これはずいぶん前のWindowsでも使えた長い歴史のある技なのですが、Windows 7では新しいタスクバーも追加され、さらに便利に使えるようになっています。タスクバーを右クリックし、ツールバー>新規ツールバーを選択し、追加したいフォルダを選択。アイコンのみ、ラベル削除、大きめのアイコンを使用などが選べます。この技を使ってクイック起動フォルダをWindows 7へ追加することも出来ます。

マイコンピュータをWindows 7/Vistaのタスクバーへ追加 (英語)

"Take Ownership"をコンテキストメニューへ追加

091023win7technic08.jpg

XPで管理者アカウントを使用している場合、パソコン上のどこへでも基本的にはアクセス出来ましたが、Vistaではシステムディレクトリにあるファイルやフォルダを変更させるのが非常に困難になっています。この問題を簡単に解決してくれるのが、このレジストリハック。"Take Ownership"アイテムがコンテキストメニューに追加されるので、それを選択すれば、名前の変更、削除など希望の動作が可能になります。

エクスプローラの右クリックメニューに"Take Ownership"を追加(Vista/Windows 7)(英語)

コンテキストメニューへフォルダへ移動/フォルダへコピーを追加

091023win7technic09.jpg

ファイルのコピー、移動をする方法はたくさんありますが、「フォルダへコピー」、「フォルダへ移動」オプションをコンテキストメニューへ追加出来るレジストリハックもあります。メニューに追加出来たなら、ダイアログボックスを表示させ、アイテムの移動先、コピー先を選択します。もうかなり昔から重宝されているハックですが、Windows 7でも同様に使え、その便利さは健在。

右クリックメニューに「フォルダへ移動/コピー」を追加 (Windows 7/Vista) (英語)

Caps Lockキーを無効化

091023win7technic10.jpg

ほとんど使われない割には大きな面積を占拠するCaps Lockキー。意図的に使うのは、間違って押してしまった後にキャンセルする時くらいなので出来れば無効にしたい、という場合、簡単なレジストリハックで無効化が可能です。もしくはフリーウェアを使っても可能です。無効化するのはちょっと、という方はCaps Lockをキーボードフレンドリーなナビゲーションツールとして使う、または最小化用のボタンとして使う、辺りを参考にしてみて下さい。

Caps Lockキーを無効化 (Windows 7/Vista)

Windowsの更新の際にスリープ/シャットダウンボタンがハイジャックされるのを防ぐ方法

091023win7technic11.jpg

急いで退社しなきゃいけない時に限って、Windowsの更新が今から20分間に渡って繰り広げられ、スリープ/シャットダウンボタンがハイジャックされている状況に。そんな時に使えるレジストリハックがこれ。シンプルなレジストリハックでシャットダウンボタンがハイジャックされ表示されなくなるのを防いでくれます。

Windowsの更新によるスリープボタンのハイジャックを防ぐ(英語)

リモートデスクトップを有効にする

091023win7technic12.jpg

全てのWindowsのバージョンがリモートデスクトップに対応しているわけではなく、Ultimate/Pro/Businessエディションのみで使用可能となっているのですが、これらのバージョンを使っている場合で違う部屋にあるPCを操作出来る方法を探しているのなら、Remote Desktopがおすすめです。Windows 7/VistaではリモートデスクトップセッションからAeroを有効にすることも可能です。これを有効にするにはシステムプロパティからリモート設定を選択し、ラジオボタンを変更して有効にします。

Windows 7 or Vistaでリモートデスクトップを有効にする(英語)

Sticky/Filterキーダイアログを無効化

091023win7technic13.jpg

ゲームなどをしている時にShiftやCtrlキーを繰り返し押していたら「Sticky Keyを有効にしますか?」というダイアログが表示されてしまった、という経験をお持ちの方で、このダイアログを表示させたくない、と思っているならば、このやり方もありかと。それ以外の方にはおすすめしません、なかなか使いづらいです。コントロールパネルのEase of Accessセンターのキーボードセクションから全てのキーボードショートカットを無効にすることも出来ます。

Sticky/Filterキーダイアログを無効化(英語)

Windowsエクスプローラのクリック音を消す

091023win7technic14.jpg

Windowsエクスプローラでダブルクリックする度に、カチッと鳴る音を消したい場合、サウンドパネルのリストにある「ナビゲーション開始」というアイテムから消すことが出来ます。カチカチとうるさい、と感じている方は消してみるとストレスフリーで作業できますよ!

Windowsエクスプローラのクリック音を消す方法 (Windows 7/Vista) (英語)

ユーザアカウント制御のプロンプトを無効化

091023win7technic15.jpg

UACに悪意がないことは分かっているんですが、パワーユーザにとってみればただ単に面倒くさい手間が増えるだけです。VistaよりもWindows 7の方がこの設定を簡単に変えることが出来ます。コントロールパネルからUAC設定パネルへ進み、スライダーをドラッグしてレベル調節すれば設定完了。有効にはしておきたいけれど、特定のアプリの場合にはいちいち確認して欲しくない、という場合であればUACプロンプトなしで起動させるショートカットがスマートチョイスかも知れません。

ユーザアカウント制御(UAC)を無効化する方法 (Windows 7/Vista)

と、羅列してみましたが、使えそうなものがありましたでしょうか? この手の小技は列挙していくと切りがないくらいたくさんあるのですが、昔から使えるもののほとんどはWindows 7でも使用可能です。

他にも、これは外せない、というこれ系の小技がありましたらコメントで教えて下さい。

The 20 Best Windows Tweaks that Still Work in Windows 7 [How-To Geek]

How-To Geek (原文/まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next