特集
カテゴリー
タグ
メディア

米Lifehackerが読者とのコミュニケーション用Waveを開設

ライフハッカー過去記事「"果報"ならぬGoogle Wave限定プレビューは"寝て待て"」でも指摘されていたとおり、遅れ気味だったGoogle Waveの招待メールの発信が、ようやく完了した模様です。晴れてWaverさんになった方、いらっしゃいますか?

さて、すでにご存知のとおり、Google Waveは複数のユーザでコンテンツを共有しあったり、編集しあうことで威力を発揮するツール。「せっかくWaveに招待されたものの、一緒に使う仲間がいない...」というゼイタクな悩みをお持ちの方は米LifehackerのWaveに参加されてはいかがでしょう?

米Lifehackerでは読者Waverさんとのコミュニケーションの場として、Waveを開設しました。Google Waverの方であれば、参加方法はカンタン。検索ボックスで「with:public "Welcome to the Lifehacker Reader public wave"」と入力してみてください。米LifehackerのWaveにたどり着けますよ。

発見できたら、

  • 左下の「Contacts」の「Manage contacts」の右にある「+」マークをクリックして「public@a.gwave.com」を追加。
  • 「User does not have a Google Wave account.」と表示されるが、気にせずEnterを押す。これでデフォルトでは一般に非公開だった、自分のWaveアカウントのステータスが公開に。
  • 続いて、自分のWaveアカウント「●●●@googlewave.com」も同じ要領でContactsに追加。
  • 検索で見つけた「Welcome to the Lifehacker Reader public wave」の、参加者アイコン一覧の右にある「+」をクリック。
  • 自分のContactsリストが表示されるので、自分のアカウントをクリック。

この手順で、「Welcome to the Lifehacker Reader public wave」に参加できます。


英語が苦手?いえいえ、そんなのノープロブレム。ライフハッカー過去記事「続・Google Waveファーストルック!(動画あり)」でもご紹介したGoogle Waveのリアルタイム翻訳機能を使えば、世界中のWaverさんとコミュニケーションが楽しめますよ。

Google Waveの使い方のおさらいには、ライフハッカー過去記事「Ginaが伝授する、Google Waveの使い方の"いろは"」などのGoogle Wave関連記事も参考にしてみてくださいね。

Adam Pash(原文/松岡由希子)

swiper-button-prev
swiper-button-next