特集
カテゴリー
タグ
メディア

iPhoneを簡易ドライブレコーダーにDIY

事故のときの記録のために、とは行かなくても、運転席から見える、流れる風景を撮りたい! という気持ちがちょっとでも起こったら。お手元のiPhoneによるこのハック技を使えば、ドライブ中にまるで、車載カメラで撮影したような映像が撮れちゃいます

ティム・コックス氏は自分のiPhoneを、アメリカのパトカーが使っているようなドライブレコーダーにしたいと思っていました。そこで考えられ得る、最も簡単な方法をとることにしました。すなわちフロントガラスに搭載したiPhone用のホルダーに、iPhoneのカメラで撮影できるように穴を開けたのです。

こうして、iPhoneがホルダーにセットされれば、カメラのビューファインダーを通じて道路の様子が撮影できるというわけ。まるでリアウィンドウの鏡から撮影したかのように撮れちゃうのです。実際にどんなふうに撮影できているか、気になりますね。これが意外と綺麗に撮れちゃったんです。YouTubeにアップされた動画は以下から。

あ、でも特に流行のiPhoneを使う必要はありません。適切なカメラ用ホルダーがあって、視野を遮るものがないカメラである限り、どんなカメラ付き携帯電話やムービーカメラでも大丈夫です。

もっと上手にキレイに撮影したい人は、「峠を攻める前に読む、車にカメラを固定する方法」をチェックしてみてくださいね。

DIY Cops Dash Cam [via Make]

Jason Fitzpatrick(原文/訳:粟野雅子)

swiper-button-prev
swiper-button-next