特集
カテゴリー
タグ
メディア

「たくさん眠る人」は風邪をひきにくいという証明

新型インフルエンザの猛威はいまだに衰えていませんし、夏から秋への季節の変わり目はそれでなくても風邪をひきやすい時期ですよね。

風邪の予防方法といえば「うがい」「手洗い」ですが、これに加える新たな生活習慣が判明しました。ずばり「たくさん眠る」です。

「健康のためによく寝ましょうね」というのはどこの家のお母さんも子どもに言い聞かせていることだと思いますが、今回この「お母さんハック」(またの名を「おばあちゃんの知恵袋」)の正しさが米医学誌「The Archives of Internal Medicine」の研究で証明されました。

この研究では、153名の男女を対象に、睡眠時間と睡眠の質を2週間にわたって調査しました。そして5日目に被験者を風邪ウィルスにさらす実験をしました。その結果、体調不良に陥った人々の睡眠時間を見てみると、睡眠時間が平均7時間以下の人が平均睡眠時間8時間以上の人の数の約3倍にのぼりました。

徹夜や不規則な睡眠時間が風邪を招くということは、みんながなんとなく経験的に知っていたことではありますが、やはり確固たる事実のようです。

新型インフルエンザ対策、などというと大げさな響きがありますが、実は些細な心がけやちょっとした生活習慣がいちばん効果的な予防法なのかもしれませんね。

Lack of Sleep Increases the Risk of Catching a Cold [NYTimes.com]

Kevin Purdy(原文/訳:吉川晶子)

swiper-button-prev
swiper-button-next