特集
カテゴリー
タグ
メディア

iPhoneで撮影した写真をブログなどにアップしている方は要注意!GPS情報ダダ漏れの危険あり!

と思っているiPhone愛好家のみなさま、iPhoneで撮影した写真をそのままブログに載せると、撮影場所を特定されてしまう可能性があることをご存知でしょうか?

特に自宅で撮影した写真をアップしている方や、彼女の家や職場などで撮影した写真をブログにアップしている方は気を付けた方が良さそうです。見る人が見たら情報ダダ漏れだそうですよ。その理由と対策方法は以下にて。

iPhoneで撮影した写真には、ExifのGPS IFDという情報が含まれていて、そこから位置情報も割り出せる、とのこと。これはメールで送信する際には削除されるデータなのだそうですが、直接iPhotoなどに保存し、そこからアップした場合、この情報は残ってしまうようです。なんとまぁ、恐ろしいや。

ネタ元リンクに詳しい話対策が書いてありますので参考にしてみて下さい。

便利なモノと危ないモノは常に共存する運命、なのでしょう。

Selfkleptomaniac [via Heartbeat]

iPhoneで撮影した写真の危険性と対策のまとめ[MY iPhone.JP]

(まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next