特集
カテゴリー
タグ
メディア

iPhone アプリの検索にBingの新機能「Visual Search」が意外と使えるらしい

今月14日にリリースされた、Microsoftの検索エンジン「Bing」の新機能で、画像による検索ツール「Visual Search」は、有料/無料のiPhone アプリを検索するのにかなり便利なプラットフォームらしいのです。ただしこれを使うには、iTunesはあきらめてSilverlightをインストールしなければなりませんが。

米LH読者のAnunayは、「Bing」はiPhoneアプリの強力な検索ツールになりうると書いています。左側のリンクから、検索したいiPhoneアプリを、カテゴリーや金額や開発者やその他の条件で絞り込みます。検索結果に表示されたiPhoneアプリのアイコンには、ランキングやカテゴリーやリリース日などの情報が付いています。気になるアイコン画像をクリックすると、Bingでそのアプリを検索した結果ページにリンクします。大体、開発者ページにリンクされるか、iTunesにリンクされます。

検索結果がiPhoneアプリのアイコン画像で表示されるというのが、一目で分かりやすくていいですよね。サードパーティーのプラグインをインストールする必要はありますが、iTunesを起動するのが面倒くさいという人や、iTunesが起動できない場合には、代替手段としてかなり使えると思いますよ。読者のAnunay、情報ありがとう!

Bing Visual Search - Top iPhone Apps

Kevin Purdy(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next