特集
カテゴリー
タグ
メディア

BackSpaceキーで「前のページ」に戻らないようにするTips(@Firefox)

文字を消したいだけなのに、眼前に現れたのは前に見たページ。Firefoxを使っていると、ホントによくある光景の一つですよね。テキストエリアにあるとばかり思っていたカーソルが、いつのまにか無くなっていたときに起こる、この現象を回避する方法が、ブログ「Mozilla Re-Mix」で紹介されていました。

手順は以下のカンタン3ステップ。

  1. about:configを開く。
  2. フィルタ欄に[browser.backspace_action]と入力する。
  3. 表示された[browser.backspace_action]をダブルクリックして、「値」を以下の中から自分の好みに合わせた数値に変更する。

この数値を変更することで、BackSpaceキーを押したときの動作を変えられます。テキストエリアでの文字削除はそのままに、「前のページに戻る」機能だけをOFFにしたいときは「2」にすればOK。そのほかの数字と動作との組み合わせは、ネタ元からご覧ください。

Firefoxで[Backspace]キーを押したときの挙動を変更する方法。[Mozilla Re-Mix]

(常山剛)

swiper-button-prev
swiper-button-next