特集
カテゴリー
タグ
メディア

材料はナットとボルト。美しくメタリックなチェスをDIY

チェスほど奥深いボードゲームはちょっと他にありません。シンプルなルールながら「スポーツ」でも「芸術」でも「科学」でもあり、人類最古の「脳トレ」でもあると言えるでしょう。

現在ではオンライン対戦のツールも数多くあるので、チェス盤がなくても対局を十分に楽しめます。しかし、モノとしての美しさもチェスの大きな魅力のひとつ。長い歴史の中では、多くのチェス盤が芸術品として生み出されてきました。

そこで! その歴史の最新ページに、自作のチェス盤を加えましょう。このDIYに必要なのは、ボルトやナットやワッシャーなどの工具部品たちです。

このメタリックなチェス盤を創作したのはJulia Suitsさん。Flickrで材料や作り方を公開したところ大好評で、「俺も作ってみる!」という人が続出したとか。街の工具店に置いていないような特別な材料は一切使っていないので、アイデアだけいただいて自分なりに工夫したオリジナルのコマを作っても楽しいかもしれません。

ちなみにJuliaさんは工具店で溝付き六角ナット(通称:菊ナット)を見かけたときに「なんかルークの屋根みたい」と思ったことが、このアイデアを思い付いたきっかけだったそうです。同じ長さのネジ棒に、さまざまな形のナットやボルトをはめこんで、クイーンやポーンなどそれぞれのコマの形を模します。

コツとしては、コマの底にフランジ付き六角ナットをはめ込んで安定性を高めること。黒いコマはスプレー塗料で塗ったそうです。

ゴツいイメージの工具部品が優美な芸術品に変わる、なかなか感動的なDIYのアイデアですよね。

Julia's Nuts and Bolts Chest Set [via Make]

Jason Fitzpatrick(原文/訳:吉川晶子)

swiper-button-prev
swiper-button-next