特集
カテゴリー
タグ
メディア

「Macは安全なのではなく、ただ狙われていなかっただけ」という専門家の見解について

  • カテゴリー:
  • TOOL

Wiredの記事によると「Macユーザーというのは、Windowsユーザーよりもウィルスや悪意あるソフトに対して守られていない。今まで安全そうに見えたのは、ただMacを狙ったウィルスや悪意あるソフトが少なかったというだけである」ということだそうです。

コメント欄の炎上覚悟で言うと(あ、だからってコメント欄を荒らしていいという意味ではないですよ。やめてくださいね)、こんなにも長い間Macが大きなハッキング被害に遭わないでいられたことが信じ難いということです。ハッカー的な視点で言うと、CPUのプラットフォームは普く攻撃しておきたいという心理が間違い無くあるでしょう。Macのシェアを考えると、遅かれ早かれそろそろ攻撃される頃ではないかという気がしませんか?

この記事では「それ(Macに対するアタック)は少しずつ起こりつつある」と書かれています。「Macは安全ですよ」と広告でうたっているにも関わらず、次第にターゲットとしては大きくなっているのです。Macを狙ったウィルスや悪意あるソフトは、ここ数年で0から数百へと飛躍的に増えました。Wiondowsをターゲットとしたものは1800万近くあるので、それには遠く及ばないですが、単純にMacだけに関して考えるとかなりの伸びです。

Macユーザーの方は、このWin 対 Macのセキュリティ対決について興味がある方は、以下のリンク先で全文をご覧になってくださいね。

Apple's Snow Leopard Is Less Secure Than Windows, But Safer [Wired]

Adam Pash(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next