特集
カテゴリー
タグ
メディア

オゴってほしいと思う女性は年齢を重ねるにつれて増加傾向? オゴることを切り出す際の一言9パターン

年代別に「もちろん、男性にオゴってほしい。」と答える女性をみると、10代は31%、20代は46%、30代は55%、40代58%と、年齢を重ねるにつれて、オゴってほしいと願う女性は増加する傾向がありました。相手の年代を考慮して、ときにはオゴることを覚悟する必要があるようです。では実際にオゴるとき、どのように振る舞えば良いのでしょうか。そこで今回は、実際にオゴるときの役に立てるよう、「オゴることを切り出す際の一言9パターン」を紹介させて頂きます。

<無難な表現編>

【1】「僕が出すよ。」

オゴることをシンプルに伝える表現です。

【2】「今日は、僕に払わせてください。」

「今日は」という限定表現を活用するパターンです。女の子が「では、次回は払わせてください。」と言いやすい表現でしょう。

【3】「いいよ、これくらい。気にしないで。」

「いいよ、これくらい。」と表現し、なおかつ経済力をアピールするパターンです。なお、「オゴる」理由が不明確なため、女の子を恐縮させてしまうリスクがあります。

【4】「誘ったのは僕ですから、払わせてください。」

男性からデートを誘った場合に有効な方法です。誘ったことを理由に、オゴることの正当性をアピールするパターンです。誘い方については、「デートに誘う際、女の子にOKして貰えそうなメールとは?(スゴレン)」を参考にしてください。

【5】「とても楽しかったので、ご馳走させてください。」

「楽しかった。」という前向きな感想を表現しながら、オゴることを伝えるパターンです。「楽しかった。」という言葉によって、女の子を喜ばせることもできます。

「嫌われる可能性のある「ちょっと変わった表現」編は以下にて。

<嫌われる可能性のある「ちょっと変わった表現」編>

【6】「貴方が楽しい時間を提供してくれるから、私は食事を提供しているんですよ。」

「食事を提供している。」という固い表現によって、偉そうな印象を与えるリスクがあります。

【7】「昨日、パチンコで勝ったんで、今日はご馳走させて。」

臨時収入があったことを「ご馳走する理由」とする場合、女の子に対して好意を頂いてることをアピールできない可能性があります

【8】「今日はご馳走しますね。次回も付き合ってくれませんか?」

次回も付き合うことを押しつけるパターンです。会話がはずみ、二人の仲が深まった状態であれば、許される一言でしょう。「デート代をオゴる5コのメリット(スゴレン)」もご参考にどうぞ。

【9】「今日はご馳走するので、今度、君の料理をご馳走してもらえないかな。」

手料理を作ってもらうことを強制し、女の子を困らせる表現です。女の子との関係性を考慮し、慎重に提案するようにしましょう。

-----------------------

初めてデートする男性の場合、デート代の支払いはどのようにしてほしいですか?(回答数:3,496名)

・10代女性

【31.7%】もちろん、男性にオゴってほしい。

【65.0%】割り勘で結構です。

【2.2%】 私が男性にオゴります。

【1.1%】 そのほか

・20代女性

【46.0%】もちろん、男性にオゴってほしい。

【50.0%】割り勘で結構です。

【1.1%】 私が男性にオゴります。

【2.8%】 そのほか

・30代女性

【55.4%】もちろん、男性にオゴってほしい。

【40.2%】割り勘で結構です。

【2.9%】 私が男性にオゴります。

【1.5%】 そのほか

・40代女性

【58.8%】もちろん、男性にオゴってほしい。

【38.2%】割り勘で結構です。

【0.0%】 私が男性にオゴります。

【2.9%】 そのほか

(スゴレン×ヒトメボ調べ)

-----------------------

調査協力:

ヒトメボ|ヒトメボでは、GPS機能を利用して、一目惚れした時間と場所を記録する無料携帯サービスを展開しております。

オトメスゴレン|女性向けの恋愛情報まとめサイト。デートに誘われ方、デートの作法など配信中!

みなさんは、オゴるときどのような表現を活用しているでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。また、充実したデートを実現するために、「食事だけのデートで女の子の満足度を上げる3つのステップ(スゴレン)」も参考にしてください。

スゴレン

swiper-button-prev
swiper-button-next