特集
カテゴリー
タグ
メディア

Windows7のアップグレード早見表が複雑すぎる件について

  • カテゴリー:
  • TOOL

過去記事で「Windows7がMSDN/TechNetユーザに先行リリース」というニュースをお伝えしましたが、それと同時にマイクロソフト社は、目前に迫った公式リリースにあたって皆さんに心の準備をしてもらうべく、Windows7のアップグレード早見表を発表しました

この表の見方ですが、まずタテが現在あなたが使っているXPやVistaなどのOSで、ヨコがアップグレードしたいWindows7のエディションです。で、青いセルが「custom installs(まるっとインストール)」、緑のセルが「in-place upgrade(部分的にアップグレード)」という意味。

えーと...詳細なのは親切心からだと思うんですが、いささか細かすぎて、見つめているとなんだか目がチカチカしてきました...。ニュースサイト「ZDNet」では「マイクロソフト社の内部にアップル社の回し者がいるぞ」なんて軽口も。広報のフリした妨害工作だろってくらいわかりにくい、ということですね。

でも確かに「64-bit のVista Businessから32-bit のWindows 7 Home Premiumに"アップグレード"するユーザーなんて存在するのかしらん」という「ZDNet」の意見も一理あります。

そこで、「ZDNet」の記者Ed Bott氏は、もっと簡潔で分かりやすい、真の意味での「早見」表をオリジナルで作ってしまいました。

すばらしくわかりやすいEd Bott版の早見表こちらから。上から2番目の画像がそれです。

Edさん、ありがとう。いい仕事してます!

Microsoft Blunders with a Confusing Windows 7 Upgrade Chart [ZDNet via Gizmodo]

Azadeh Ensha(原文/訳:吉川晶子)

swiper-button-prev
swiper-button-next