特集
カテゴリー
タグ
メディア

ワインボトルでらくらく水やり装置を作る

「Twitter Alert」で植木鉢に水でやる技を、以前紹介しましたが、もっと簡単なDIY自動水やり方法をご紹介。 ワインボトルで「plant nanny(直訳すると"植木鉢の乳母"、自動水やりのこと)」を作っておけば、植物の保湿レベルをより適切な状態に保っておくことができるのです。

The Early Show では店で売っている「plant nanny」を買うのに使う5ドル〜50ドルを節約するための詳細な方法を紹介しています。それはとっても簡単な方法で、ワインボトルに水を満たし、ボトルの先っぽを植木鉢の中へさかさまにして突っ込んで刺しておくだけ。水は徐々に土の中へ浸み込んで行きますから、植木鉢を水浸しにすることなく、植物の水分レベルを適切に保っておくことができるのです。

自分であれこれやらなくても植物の水分レベルを一定に保っておくには、非常に素晴らしい方法だといえるでしょう(ま、確かにもっと手のかからない植物を選ぶという手もありますが)。

とっておきの、空のワインボトルを上手く使う方法をご存知の方は、ぜひコメントにてご披露あれ。

Rosa Golijan(原文/粟野雅子)

swiper-button-prev
swiper-button-next