特集
カテゴリー
タグ
メディア

店頭と家での「画面照度ギャップ」を防ぐ、テレビ購入前のチェック方法

家で見る画質と店で見た画質が若干違った経験はありませんか? ウェブサイト「HDGuru」によると、量販店などの照明レベルは、典型的な一般家庭の約50倍といわれています。この過度な差によって、消費者の目は意図的に微調整されているそうです。

特にテレビの見え方は、照明によって大きく左右されます。非常に明るい店内にあわせた店頭展示では、ブラックレベルやコントラストレベルなどを最高近くまで上げていることが多いです。このように、一般家庭と照明条件が異なる店頭での比較は、映像設定もまちまちなので本来のパフォーマンスが発揮されず、見誤る可能性が高く、コスパに見合わないチープな製品を買わされてしまうかもしれません。

その照明の中での正しい判断を下すために知っておきたいのが次のTip。

卵一つ分ほど指を浮かせた状態をつくり、手の平で覗き穴をつくり、小指の部分をしっかりとテレビの画面にくっつけ、親指側からのぞきます。画面の黒い部分を見ると一番分かりやすいので、黒い部分を見つけて下さい。デモ映像の上下などに黒いバーが出ていたりするので、そこを覗き込んでみると、黒がどのくらいしっかりした「黒」なのかが分かると思います。

もっと細かく知りたい方は、下記のリンクをどうぞ。黒い画面の重要性については今時のテレビの正しい購入時期と選び方あたりも参考にしてみて下さい。デジカメ購入の際のコツを知りたい方はこちらをどうぞ。

しかし、いったい一生にテレビって何台くらい買うもんなんでしょうね。

How Retailers Use Lighting to Confuse HDTV Buyers [HDGuru via Gizmodo]

Azadeh Ensha (原文/kiki&まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next