特集
カテゴリー
タグ
メディア

速読スキルが向上するとっておきの方法


More DIY videos at 5min.com

最近は、新聞・雑誌のみならず、ウェブを通じて、膨大な量の情報が日々発信されていますね。より多くの情報をゲットし、効率的に整理するスキルはますます必要になっています。

限られた時間でより多くの情報を得るには、速読力を高めることが不可欠。では、そのためにはどうすればいいのでしょう? 速読インストラクターのChrisさんが、その方法を紹介しています。

詳しくは冒頭の動画もご参照いただくとして、ポイントは「ア・イ・ウ・エ・オ」や「イチ・ニ・サン・シ」などを口ずさみながら物を読むようにすること。

通常、ヒトは声に出していようがいまいが、その語を喉で発音しながら、物を読んでいることが多いのだとか。目にした語を認識した上で喉を動かすというプロセスがあるので、その分、読むのに時間がかかってしまうそうで、1分あたり125~250語を読むのが平均値だそうです。

一方、この方法を使うと、喉は「アイウエオ」などの発音に使われていますから、目だけで読むことになり、従来の「喉を使って読む習慣」を止めることができます。また、文字や語を視覚的に捉えるようになることから、読むスピードが速まるとのこと。1分あたり500~1000語を読めるようになるそうですよ。

訳者も早速、この方法にトライしてみました。「アイウエオ」を言うことに気がとられて、かえって読むことに集中できないかも...という感もありますが、Chrisさんを信じて(笑)しばらく実践してみようと思います。声を出す必要があるので、いつでもどこでも、というわけにはいきませんが、ご関心のある方はぜひ一度お試しを。

How to Speed Read [Boing Boing]

Azadeh Ensha(原文/松岡由希子)

swiper-button-prev
swiper-button-next