特集
カテゴリー
タグ
メディア

今年の夏は蚊取り線香代わりに「虫除けキャンドル」をDIY

日本の虫除けの定番といえば蚊取り線香ですが、最近はちょっとオシャレなシトロネラ」の虫除けキャンドルも時々見かけますよね。ベッドルームやアウトドアのキャンプなんかでは、キャンドルならほのかな明かりも取れて虫除けまでできるので、一石二鳥で良さそうです。

市販のものを買うのもいいですが、実はシトロネラキャンドルは手作りもできるのです。材料を準備するのが少し手間かもしれませんが、作り方はいたって簡単です。ロウソクの再利用にもなりますし、電気を使う虫除けを使っている場合は電気代も節約できて、エコな虫除けキャンドルです。

[ 準備するもの ]

・いらなくなったロウソク/安全で溶けるタイプのワックス

・クレヨン/カラーリングワックス

・ロウソクの芯

シトロネラオイル

・ロウを溶かすための器(ミルクパンや小さな鍋など)

・溶かしたロウをかき混ぜるもの(スプーンなど)

・温度計

・ロウソクを入れる容器(使い終わった缶やガラス瓶など)

・文字ステッカー(無くてもOK)

作り方は以下からどうぞ。

[ 作り方 ]1. ロウソクの容器の下準備をする

使い終わった缶やガラス瓶など、ロウソクの容器にするものはキレイに洗って、完全に乾かす。乾いたら、容器の底に、ロウソクの芯をにかわなどの接着剤で付ける。容器の外側は、虫除けキャンドルだと一目で分かるように、ロウソクの容器にステッカーを貼ってもいいですよ。

2. ロウを湯煎する

大きめの鍋でお湯を沸かす。お湯の温度が14060度になったら、その中にロウを入れた器を入れて湯煎する(お湯の熱でロウを溶かす)。

3. ロウに色を付ける

ロウが溶け始めたら、クレヨン/カラーリングワックスで、好みの色に色付けする。

4. シトロネラを入れる

ロウが完全に溶けてオリーブオイルのような状態になったら、シトロネラを入れる。量の目安は、小さなキャンドルであれば1滴、少し大きめのキャンドルであれば2滴。(結構アバウトですが...)

5. 容器にロウを流し入れる

溶けたロウを、1で下準備したロウソクの容器に流し入れる。ロウソクの芯を1〜2cm以上は残すようにする。

6. 冷やし固める

常温でそのまましばらく置き、ロウを冷やし固める。

7. できあがり

ロウが固まったら完成です。さっそく火を点して使ってみましょう!

きれいにラッピングすれば、この季節はプレゼントにしても喜ばれると思いますよ。子どもと一緒に作って、夏休みの宿題にするのもいいかもしれません。ぜひお試しあれ。

DIY Project: Kate's Homemade Citronella Candles [Design*Sponge]

Jason Fitzpatrick(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next