特集
カテゴリー
タグ
メディア

デスクトップで天体観測-3Dプラネタリウムソフト『Stellarium』

Windows/Mac/Linux:プラネタリウムを自分のパソコンで満喫できるオープンソースソフト「Stellarium米Lifehackerで紹介したのは3年も前なんですね。

どんどんアップデート、改良されているようです。星とその動きをシミュレートし、任意の場所・時刻の星空をOpenGLで滑らかに美しく3D描画してくれます。ズーム機能も備えられ、望遠鏡を使って見ているかのよう。一応ナイトモードもついていて、ONにするとメニュー画像もナイトビジョンに切り替わります。

星の名前、軌道、星座絵などの情報を画像上に重ねて表示でき、ギリシャ神話ではペガサスとされる星座が米先住民ナバホ族では亀、なんて掘り下げた星空の情報も分かるので、プラネタリウムを自分のパソコンにそのまま持ってきたような気分が味わえます。これがあれば、リアルタイムで地球上のどこからでも天体観測が楽しめるってことです。

2億1000万の星をデスクトップに降らせてみませんか?

wikiもご参考にどうぞ。

[via GeekSugar]

Jason Fitzpatrick(原文/訳:kiki)

swiper-button-prev
swiper-button-next