特集
カテゴリー
タグ
メディア

リンゴの変色を防ぐ8つのコツ(その他の野菜・果物にも応用可!)

そもそもリンゴは、これに含まれるポリフェノールが空気中の酸素にふれることで変色するそう。よって、酸素との結合を邪魔するか、ポリフェノール自体の働きを減じることで、変色が防止できるとのことです。では、具体的な方法をご紹介。お馴染みのハウツー情報メディア「wikiHow」では、リンゴの変色を防ぐ方法として以下の8つのコツを挙げています。

その1:変色しにくい品種を選ぶ

ポリフェノールを多く含む品種ほど変色しやすい。変色しづらい品種はGranny Smith(グラニー・スミス)。Golden Delicious(ゴールデン・デリシャス)は中くらいで、Red Delicious (レッド・デリシャス)は変色しやすい。日本の一般的な品種だと、「ふじ」は変色しやすい一方、「千秋(せんしゅう)」は変色しづらい

その2:水中でリンゴを切る

水中でリンゴ切ることで、ポリフェノールと空気中の酸素との結合を阻害し、変色を防ぐことができる。

残りの6つは以下からどうぞ。

その3:酸につける

リンゴを酸につけると変色が防げる。方法は以下の2つ。

(1) アスコルビン酸粉末を直接かける、もしくはこれを溶かした水にさらす。

(2) レモンもしくはライム果汁に浸す。レモン果汁のほうが独特のクセは少ない。浸した後、水で果汁を洗い流しても、酸の効果は失われない。

その4:熱湯に通す

熱湯に通すことで酵素の働きを失わせることができる。熱湯に1~2分くぐらせ、冷水で洗いながそう。

その5:ラップで包む

ラップでキチっと包むのも効果的。鮮度を保つことができる。

その6:塩水につける

塩水に2~3分つける。とくに、サラダに使うときは、味付けも兼ねられるので便利。

その7:シナモンを振る

リンゴとシナモンは相性グー。リンゴのスライスにシナモンを振ると美味しくなり、変色も防ぐことができる。

その8:切れやすい包丁で切る

切れやすい包丁で切るほうが、変色対策にもよい。

ちなみに、桃・バナナ・梨などの果物や、なす・じゃがいも・レタス・れんこんなど野菜の切り口が変色するのも、リンゴと同じ理由とのこと。つまり、これらの果物・野菜においても、変色対策に8つのコツが応用できるそうですよ。ぜひ活用してみてくださいね。

Keep a Cut Apple from Turning Brown [wikiHow]

Azadeh Ensha(原文/松岡由希子)

swiper-button-prev
swiper-button-next