特集
カテゴリー
タグ
メディア

デートに遅刻した時の謝り方9パターン

恋愛に関するライフハックについて情報発信しているスゴレンです。今回のテーマは「遅刻」です。デートにおいて遅刻することが分かった時点で、女の子に連絡することは当然だとしても、待ち合わせ場所に到着したタイミングでしっかりと謝罪する必要があります。そこで今回は、みなさんに多くの謝罪パターンを身に付けて頂くため、「デートに遅刻した時の謝り方9パターン」を紹介させて頂きます。

【1】「遅刻して、ごめんなさい。」

「遅刻した」という事実を真摯に受け止め、謝罪するパターンです。誠意を持って、謝りましょう。

【2】「待たせてしまって、ごめんなさい。」

「待たせてしまった」ことに対して謝るパターンです。待たされた女の子の気持ちを理解して、心から謝るようにしましょう。

【3】「ごめんなさい。言い訳はありません。」

言い訳しないことを宣言するパターンです。しかし、敢えて「言い訳はありません。」と言うことで、逆に不快な印象を与える可能性もあるので注意が必要です。

【4】「ごめんなさい。待ってもらえないかと思った。」

「待ってもらえないかも。」という不安だったことを表現するパターンです。当然ながら、5分程度の遅刻では大袈裟な表現なので、遅刻時間に応じて使い分ける必要があります。

【5】「ごめんなさい。もっと早く家を出るべきだった。」

謝罪しつつ、自らの反省を表現するパターンです。「いまさら後悔しても遅い!」と怒られるリスクもあるので注意が必要です。

【6】「遅刻してごめんなさい。今日はオゴります。」

謝罪し、オゴることを約束し、女の子のご機嫌を取ろうとするパターンです。頻繁に遅刻する方は、遅刻の度にオゴることになるので、この表現を不用意に使わない方が良さそうです。

【7】「暑い中(寒い中)、待たせてごめんなさい。」

暑い場所、寒い場所など、女の子が待っていた過酷な環境についてコメントし、謝罪するパターンです。

【8】「ごめんなさい。女の子を待たせるって、良くないことだよね。」

女の子を大切にしていることをアピールするパターンです。

【9】「ごめんなさい。ごめんなさい。」

「ごめんなさい。」と繰り返すパターンです。ただし、連呼し過ぎた場合、女の子の反感を招く可能性があるので注意が必要です。

デートに遅刻したとき、どのように謝っているのでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。なお、「デートに遅刻したときのフォローの仕方7ステップ(スゴレン)」も参考にしてください。

スゴレン

swiper-button-prev
swiper-button-next