特集
カテゴリー
タグ
メディア

『Wireshark 1.2』が64ビット、マッピング統合に対応

  • カテゴリー:
  • TOOL

Windows/Mac/Linux: 人気ネットワーク分析ツールWiresharkがアップデートされ1.2版がリリースされました。今回の更新ではネットトラフィックウォッチャーOpenStreetMap GeoIPの統合、新たなキャプチャーファイルサポート、その他の便利な機能が盛り込まれています。

そもそもWiresharkは、DNS、TCP、UDPやその他のプロトコルやインターフェースで起こるパケットの動きを示すパケット・アナライザ・ソフトというかなりマニアックなツールなのですが、それに加えて以前Etherealとして知られていたツールの便利さが追加されました。

詳細は下記の通り:

  • 表示フィルターがオートコンプリートに。
  • 64ビットWindows(x64)インストーラーの提供開始。
  • GeoIPデータベース検索。
  • 改良されたポストスクリプトプリント出力。
  • 次世代キャプチャーファイル形式Pcap-ngに対応。
  • 欄幅の保存。
  • Capinforsに平均パケットレートを表示。

さらに詳しく知りたい方、バグ関連情報はリンク先にあるリリースノートを読んでみて下さい。

WiresharkはWindows、Mac、Linuxシステム対応のフリーダウンロード。

Wireshark 1.2

Azadeh Ensha (原文/まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next