特集
カテゴリー
タグ
メディア

ビニール袋に水を入れて、ハエを撃退する方法

リッキーC氏は次のようなことを書いていました。最近、彼が湖畔のレストランを訪ねたときに、水を入れたビニール袋が柵の上から吊り下げられていたことに気がついた、というのです。そのことをウェイターに尋ねると「その水を入れたビニール袋はハエを追い払うために使っているのだ」と答えたとのこと。

知恵袋系ウェブサイトの「The Straight Dope」を見ると、なぜ水を入れたビニール袋でハエが撃退できるのかについて、次のように書いてあります。

イエバエのように捕食性で無防備な昆虫は、神経質です。またそのような昆虫は近くに何か動いているものがいる場合、じっとしていることを好みません。なぜならその動いているものが、自分の捕食者である可能性があるからです。水を入れたビニール袋はレンズのような働きもします、つまり、ビニールの周辺で動き回っている人々がビニール袋に映し出されるのです。実際のには、人の位置が遠すぎてイエバエには見えない場合でも、イエバエにはビニール袋に映る光と影の移り加減は見えています。その動きがイエバエには、すぐ近くのもののように見えるため、ビニール袋から遠ざかっていくのです。

というわけで、今度みんながイエバエに悩まされることがあったら、ビニール袋に水を入れて試してみてください。そしてそれがどんな具合だったか、是非教えてください。同様に、庭にいる不愉快な昆虫をどうやって撃退しているかコメント欄で教えてくださいね。自分で試したことがある方法でもない方法でもいいですよ。

What's the Purpose of bags of water hanging in restaurants? [The Straight Dope]

Rosa Golijan(原文/訳:粟野雅子)

swiper-button-prev
swiper-button-next