特集
カテゴリー
タグ
メディア

うっかり忘れを防ぐには、備忘フォルダを使うべし

前もって決まっている予定に限って、時間が空き過ぎて忘れてしまうことってありませんか? そんなうっかり忘れを防ぐために、備忘録を使いましょう。

この備忘録は、ただメモするだけの紙や手帳ではありません。備忘録というより、備忘フォルダとでも呼びましょうか。バインダーに綴じられた43個のフォルダから成るファイルです。

43個の内訳は、1ヶ月毎日の備忘フォルダとして31個、1年毎月の備忘フォルダとして12個です。未来の自分に手紙を書くように、少し先の忘れちゃマズイ事をメモして入れておきます。

メモだけでなく、数ヶ月先に観に行くために取ったコンサートや演劇などのチケットも、備忘フォルダに入れておけば当日に慌てて探さなくても済みます。また、うっかり忘れると大変なことになる大事な人の誕生日の場合は、誕生日のある"月"のフォルダに「○月×日は△△△の誕生日!」と入れておけば、プレゼントやパーティーの準備もちゃんと間に合います。

「WhiteHatBlackBox」では、3穴バインダーに3つのフォルダのファイルで作ったものを紹介しています。この備忘フォルダを使っている人のコメントもありました。

私は最近、日記のフォーマットを変えて、備忘フォルダを使い始めました。このフォルダは、やるべきことリストとしても使えます。自分の近い将来の展望を一覧できるので、長期的な生産性やモチベーションをキープするのにも役立っています。

バインダーには、6つのポケットに分かれているファイルが7枚入っています。31日(1ヶ月)分のフォルダ31個と、残りの11個は日をまたがっている予定のための月別フォルダとして使っています。この月別フォルダが結構使えます。

よーし、早速備忘フォルダを作っちゃおう!と思っても、なかなかこの写真みたいにちょうど良いバインダーやファイルが近所に売ってるとは限りません。しかもこれ洋モノですから、日本では同じモノはなかなか無さそうですよね。

そういう場合は、ハガキや写真、CD整理用のレフィルなどで代用してみてはどうでしょう? 最近はバインダーのレフィルも様々なサイズに区切られたものが売っていますので、自分にちょうど良いサイズを探してみてください。自分は備忘録/備忘フォルダをこんな風に使ってるよ、というアイデアをお持ちの方はぜひコメントで教えてください。

New Tickler File [WhiteHatBlackBox]

Jason Fitzpatrick(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next