特集
カテゴリー
タグ
メディア

ガーデニングをシェアする「Hyperlocavore」

自分はアパートに住んでいるけど、あるいは忙しすぎて自分の庭を管理維持することはできないんだけれども、庭で新鮮な野菜を育てるのは大好きだ、という人がいるのは、米も同じのようです。そんな方のためのサイトが「Hyperlocavore」。活発に庭をシェアしているコミュニティを見つけることができます。

Hyperlocavore」のメンバーは土地に関する広告を投稿できるので、普段は自分の食べ物を自分で育てたり、ガーデニングをする設備施設には恵まれていない人たちでも、そういった機会を得ることができる、というわけです。

メンバーになると、庭をシェアしたり、庭/畑地を探したり、自分がそういう畑地を持っていて貸せますよ、という広告を出すための「ポッド」と呼ばれるグループを作ることができます。プライバシーが気になる場合には、メンバーは認証制にすることもできるし、特にかまわないなら誰でも参加できるようにセッティングできます。

グループを作ったら、次のステップは人を集めて一緒にガーデニングをすることです。お庭シェアをするにはどうしたらいいのか情報が欲しいときには、お庭シェアリングのための実例がたくさん載っているフォーラムへ行ってみてください。セットアップのための情報や地元でコミュニティを育てていくための情報がたくさんあります。

こちらはご覧のとおり、日本は対象外ですが、菜園を共同で運営したい方への参考サイトを以下に置いておきますね。

都内で体験できる講座では「田舎の学校」にて、各所で開催されています。また、園芸や家庭菜園好きの人たちが集まるSNSもオススメ。「ガーデニング・家庭菜園SNS」、「花と緑の園芸SNS ガーデニングDAYS」などで、一緒にガーデニングをする仲間を見つけてみるといいですよ。

Hyperlocavore

Erin Schwendemann(原文/訳:粟野雅子)

swiper-button-prev
swiper-button-next