特集
カテゴリー
タグ
メディア

Google Updateが動作変更、常駐は中止に

WindowsユーザーがChromePicasa、その他のGoogleのデスクトップアプリなどをダウンロードすると必ず一緒についてきて、せっせと更新の自動確認をするGoogle Update。常にバックグラウンドで実行されており、簡単にはアンインストールできなかったのですが、今回この仕様が変更になったそうです。

今後Google Updateは、バックグラウンドで常に稼働するのではなく、Windowsの「タスク」でスケジュールされて、コンピュータがアイドル状態のときなどに実行されるようになるとのこと。

また、Googleのアプリが使われなくなると自動でこのアプリをアンインストールするという機能も加わりました。

「常駐されるのはうっとおしい必要ないなぁ」と感じていたユーザーにとっては朗報ですね。

Kevin Purdy(原文/訳:吉川晶子)

swiper-button-prev
swiper-button-next