特集
カテゴリー
タグ
メディア

Ginaオススメ・仕事場を効率化する6つのコツ

仕事場のデスク、上手に使っていますか? 飲み終えた缶コーヒーや空のペットボトル、お菓子の包み紙でゴミだらけ......なんてことはないかもしれませんが、「いつまで必要かわからないからとりあえず置いておこう」としたばかりに、気がつくと書類の山で埋もれてしまうことは、よくあることですね。そこで、仕事場を整理整頓し、生産性アップにつなげるためのコツをご紹介。

米ビジネス誌「Harvard Business Review」では、我がライフハッカーの母・Gina Trapaniが、仕事場の生産性を上げるためのコツとして、以下の6点を挙げています。

1. 机の上を片付ける

机の上を散らかさないように気をつけよう。毎日使うものでなければ、机の上から退かそう。

2. 頻繁に使うものだけ近くに置く

仕事で使う道具や書類を「手に届くところにおくべきもの」と「そうでないもの」に分ける。頻繁に使うものは前者、そうでないものは後者という基準で分類するとよい。その上で、仕事場の収納スペースやレイアウトに応じて、整理整頓しよう。

たとえば、

■毎日使うもの:机の上へ置いておく

■週に1回程度:文房具棚に片付ける

■月1回程度:仕事場にあるクローゼットの中で保管する

■四半期に一回程度:倉庫や納戸に片付ける

といった具合。

3. 持ち歩きグッズや郵便物は固定の場所を作ろう

携帯電話・財布・鍵など普段持ち歩くものは一括して置く場所をつくろう。また、書類や郵便物用に、箱やトレイなどを活用するとよい。

残りの3つは以下からどうぞ。

4. 関連するものはまとめて置く

切手と封筒、ペンとメモ帳、プリンタとインクなど、関連するアイテムはそれぞれ近くに置いてまとめるようにしよう。

5. 自分が心地よい状態にする

仕事場は一日のうちの多くの時間を過ごす場所。机やイスは自分の背丈や体格に合ったものを選ぼう。何時間もPCに向かう人は大きめのモニターを使うと目が疲れにくい。仕事場を自分の心地よい場所にすることがポイント。

6. 仕事に応じて仕事場も調整する

たとえば、ペーパーワークが多いなら、キーボード用の収納棚やL字型のデスクを使ってデスクスペースを広めに確保するなど、仕事に応じて仕事場もより効率的に調整していこう。

いかがでしたか?

つい普段の忙しさにかまけて、仕事場やデスクのことはおざなりになりがちですが、ちょっとした工夫で快適に効率よく仕事が進むものですね。Ginaのオススメテクを活用し、整理整頓を心がけてみましょう。

Organize Your Workspace for Maximum Productivity [via SimpleProductivityBlog]

Jason Fitzpatrick(原文/松岡由希子)

swiper-button-prev
swiper-button-next