特集
カテゴリー
タグ
メディア

写真写りのプロから学ぶ、写真写りが良くなる10の方法

どんなに不意打ちで撮られても、「うん、この顔ならいいかな」と思える写真だけを残せるように、写真写りが良くなるコツをお勉強しておきましょう。写真写りのプロとも言える、モデルエージェンシーに勤めていたKaren Leeさんが教えてくれた、写真写りが良くなる10の方法です。

1. 目線はカメラのレンズのほんの少し上

顔を気持ち前に出して、あごはキリッと下げること。

2. 舌で歯の裏を軽く押しながら微笑む

(念のために下の歯ですよ)自然な笑顔になります。

3. 腕は体の横の辺りに

ただしピッタリとくっつけないこと。体から少しだけ離すと自然に見えます。

4. 洋服の試着は白い壁の前で

木漏れ日や、窓から射し込む光は、自然のライトみたいなものです。自然な明かりの中で、自分に本当に似合う色を探しましょう。

5. 基本的にワンパターンはNG

6. 写真ではすべてが誇張して見える

メイクはナチュラルを心掛けること。30歳以下の女性は軽くグロスとマスカラを付ける程度、30歳以上になったらそれにコンシーラーを足すくらいでOK。

7. 昔のモデルポーズをやってみる

カメラに対して体を45度くらい斜めにして、カメラに近い方の足と肩を少し前に出します。カメラに対して真っ正面で写るよりも、体がスリムに見えます。

8. 全身を撮られる時は、下腹部とお尻を引き締めて、肩の力を抜いて、背筋を伸ばす

9. フォトジェニックな人や、よく撮れている写真を見て研究

自分のベストアングル、一番良い表情を探しましょう。多分笑顔で楽しんでいる時が一番だと思います。常にリラックスしてイキイキできるよう心掛けていれば、写真にもそれが写ります。

10. リラックスすること

写真を撮られる前に、一度目を閉じてみて、そしてゆっくりと開けてみましょう。

いきなり10個も意識しても、簡単にはできないと思います。まずは1と2だけやってみる、慣れてきたら3と8にもトライ、という感じで少しずつ練習あるのみです。

以前紹介した「どんな人でもフォトジェニックになれる16のテク」を読んでいない人は、こちらもチェックしてみてくださいね。

10 Ways to Look Good in Photos [Reader's Digest]

Azadeh Ensha(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next