特集
カテゴリー
タグ
メディア

レストランで行儀よくクレームする4つのステップ(動画)

ライフハッカー過去記事「単なるクレーマーから優良顧客になるための5つのコツ」でうまくクレームするコツをご紹介しましたが、今回はその番外編。レストランでマナーよくクレームする方法をご紹介します。

グルメサイト「Slashfood」ではレストランでクレームする際のマナーを紹介しています。詳しくは冒頭の動画をあわせてご参照いただくとして、4つのステップのポイントは以下のとおりです。

ステップ1: 運ばれてきた料理に問題がないかチェックする

生焼けや焼きすぎ、小さな虫や髪の毛が入っている料理、オーダーしていない料理が運ばれてきた際は、いずれもお客側にオーダーしなおす権利がある。すぐに食べ始めるのではなく、運ばれてきた料理に問題がないかチェックしよう。ただし、商談や接待での食事は、多少の問題があっても健康に害のない限りクレームは控えること。

ステップ2: 問題があればすぐにウエイターに伝える

料理に問題が見つかったら手をつけない。半分ほど食べておいてクレームするのは信義則違反。

ステップ3: 「どうしてほしいのか?」を明確に伝える

料理を丸ごと作り直してほしいのか、今の料理を修正すればいいのか、別のメニューに変えたいのかなど、問題のある料理に対してどうしてほしいのか? を店側に明確に伝えよう。あくまでも穏やかな口調で話すこと。また、他の人が食べ終わってしまうからという理由でクレームを断念する必要はない。作り直しの料理はたいてい最優先でやってくれる。

ステップ4: クレーム後もなお料理に問題がある場合は料金を払わない

料理を取り替えてもなお問題がある場合は、店側の責任者に伝えて、その料理の代金は払わないようにしよう。

いかがでしたか?

せっかくの外食ですから、マナーよくクレームし、気分よく食事を楽しみましょうね。居酒屋やレストランで「こんなハプニングがあった!」など、とっておきのエピソードがありましたら、コメントで共有してください。

The Etiquette of Sending Back Meals [Slashfood]

Azadeh Ensha(原文/松岡由希子)

swiper-button-prev
swiper-button-next