特集
カテゴリー
タグ
メディア

洗濯をこまめにして出張旅行の省荷物化を実現

豪ライフハッカーの編集者Angus Kidmanさんは、5月の一ヶ月間、小型のキャリーバッグだけで出張旅行を過ごしたそうです。改めて実感したのは荷物を減らすには洗濯することが大事だということ。ホテルのランドリーサービスや手洗いで衣類をこまめに洗濯できれば、必要な衣類の量も減るので、荷物も減らすことができますね。Kidmanさんは自身の出張旅行についてこう述べています。

一日おきに自分の着たものを手洗いで洗濯した。暖かい気候で数日過ごすなら、これで十分。しかし、移動しなければならないとき、生乾きの洗濯をレジ袋に入れて持ち歩くのはちょっとウンザリするもの。そのときは、ホテルのランドリーサービスが便利。ちなみに、洗濯の手洗いに欠かせないのが洗面台の栓。意外に多くのホテルで備えられていないので、携帯するとよい。

仕事の出張先でも下着やTシャツ程度なら、さっと手洗い洗濯するといいですね。ホテルの部屋は乾燥しがちなので、濡れた洗濯物を干しておくと、加湿器代わりにもなりますよ。洗濯ばさみと洗濯せっけんを一緒に携帯するとよいですね。ちなみに、洗面台の栓は、日本のホテルではほとんど備えられていると思いますが、欧米のホテルではないところも多いようですよ。海外出張のときに参考にしてみてくださいね。排水口をふさぐアイテムとしてはこんな排水口カバーもありますよ。

Hand Luggage Only: The Big Lessons Learned [Lifehacker Australia]

Kevin Purdy(原文/松岡由希子)

swiper-button-prev
swiper-button-next