特集
カテゴリー
タグ
メディア

よりよいアドバイスをゲットするにはメモを取ろう

医者や弁護士など、専門的なアドバイスに対してお金を支払う人から、本当によいアドバイスをゲットするためのシンプルなコツ。

それは、メモを取ることだそうです。

米Lifehacker読者のcitizenkahnさんは、受診時に、お医者さんの前でメモを取ってみたそうです。

その結果、毎回、有益なコツや便利なウェブサイトなど、よりよいアドバイスを得られたとのこと。あるときには、自分のペットの鳥の話題で、20分も長く話してくれたとか。

因果関係を厳密に証明することはできないけれど、メモを取る行動には、お医者さんにとって、できるだけ時間を取ってよりよいアドバイスをしようと思わせる一定の効果があると感じたそうです。

患者やクライアントに対して"通り一遍"の回答をするのは簡単ですが、相手がメモをとり、真剣に聞いてくれていると感じると、相手にとってもっと有益な情報を提供したくなるのも、これまた人情。

メモを取るというシンプルな行動は、意外にこういうモチベーションに影響するものなのかもしれません。

普段からペンとノートを持ち歩き、仕事の先輩・上司など、ちょっとアドバイスを乞いたい人と話すときにも、このメモ取り作戦を試してみてはいかがでしょう?

Adam Pash(原文/松岡由希子)

4901491768
情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」


remote-buy-jp2._V45733929.jpg

【関連記事】

イヤフォンを「邪魔しないで」の合図にする

ときには集中力散漫になるのもよい?

自分の学習スタイルに合った生産性向上のコツ

遅刻魔とうまく付き合う8つのコツ

コンピュータ・IT系の偉人列伝に学ぶ

swiper-button-prev
swiper-button-next