特集
カテゴリー
タグ
メディア

平田セレクション・気になる記事TOP5(09年5月版)

編集委員の平田です。

気がつけばもう6月、梅雨になってジメジメした日々が続きます。しかし、湿度のおかげで新型インフルエンザの猛威も一段落でしょうか。本格的な夏を前に、ライフハッカー5月の記事から、気になった記事をピックアップします。

仕事場探訪:DIYスタンディングデスクのある仕事場

自分用のスタンディングデスクを作ってしまったという DIY ネタです。会社では取締役ということで、他のスタッフよりも大きなデスクを使わせてもらっているわたしですが、過去の経験上、ミニデスクで仕事するというのも悪くないので、こういうデスクには惹かれます。小さいデスクですと、散らかす余地がないですからね!

仕事場探訪: iMacを吊り下げ仕様に

仕事場探訪シリーズからのピックアップが続きました。こちらは iMac を天吊りにしたという大胆なセッティングです。天吊りにすることでデスクが広く使えていいですよね。わたしも、ディスプレイをテーブルに置かずにすむようにポールとマウンタでなんとか出来ないか考えたりしていますが、なかなかうまくできません。むむー。

イヤフォンを「邪魔しないで」の合図にする

職場でイヤフォンを付けている人に話しかけるのは、なかなか勇気がいりますので、逆にわたしは職場ではよほどのことがない限り、イヤフォンをしないように心掛けていますが、そんなに困ったことはありません。まあ、そもそもわたしの邪魔をする人がいないだけなのかもしれませんけどね。ふふふ。

ジーナ・トラパーニが語る「私がGoogleからYahoo!に切り替えた理由」

かつて会社の採用試験で「Google がとまっても支障なくお仕事できますか?」と何度も聞いて相手を困らせたかもしれない私には、刺激的なエントリーです。プライバシーと利便性のバランスは本当に難しい問題です。「便利だから」と易きに流れ過ぎないよう、改めて気を引き締めたいと思いました。

悲観主義もたまにはよい?

数年前、あまりに「ノー!」といい過ぎて、Mr. ネガティブ、という異名をいただいたこともあるワタシですが、悲観主義といいますか、最悪の自体を頭にいれつつ「なんとかなるさー」と、無謀な計画にも楽観的な行動し、転んでもタダでは起きないぞ、という決意を持ってものごとにあたると、思っていたのとは違っても、なんとなくそれなりになんとかなってしまうのが、人生の面白いところだと思います。はい。

ライフハッカー[日本版]編集委員・平田大治)

swiper-button-prev
swiper-button-next