特集
カテゴリー
タグ
メディア

気付かぬ間に浪費へとつながってしまう、6つのこと

米誌「Forbes」では、一見些細だが、意外にお金がかさんでいる事柄について紹介しています。主なものは以下の6点です。

その1: 利率のよいの銀行を選んでいない

ジャパンネット銀行ソニー銀行などのインターネット専業銀行は都市銀行よりも金利が高いケースがある。利率の高い銀行を調べて上手に貯金するのがよい。

その2: 金利ゼロの支払期限を気にしていない

家電量販店などでは金利手数料無料で商品を購入できる制度があるが、一定の期限内に支払を行うことが必要。期限を守らないと無駄な金利を支払う羽目になる。

その3: ギリギリまで郵便物を出さない

宅配便や速達便のコストは意外にかさむ。発送期限に余裕を持って郵送すれば、通常の郵便料金で間に合うはず。

その4: 勤務先の福利厚生を利用していない

福利厚生コンサルティング会社「Wellness Corporate Solutions」によると、多くの会社が従業員1人あたり年間50~100米ドル程度ならば福利厚生に払ってもよいと考えているそう。健康管理のため、勤務先の福利厚生制度を積極的に活用しよう。

その5: 値引き交渉をめんどくさがる

家電や家具は交渉次第で値引きできる。まずは交渉してみよう。

その6: 寝すぎる

昼寝のしすぎは生活リズムを乱すため不眠になりやすく、医療費がかさむおそれがある。また、夜中にはインターネットショッピングやダウンロードサービスで浪費しがち。

このほかの意外な無駄といえば、レンタルDVDの滞納公共料金の払い忘れなどもありますね。「ちりも積もれば山となる。」いずれもちょっとしたことですが、小さな心がけが浪費を防ぎ、節約につなげることができますよ。

All The Ways Your Laziness Is Costing You [Forbes]

Adam Pash(原文/松岡由希子)

swiper-button-prev
swiper-button-next